女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職−兵庫県警(時事通信)

 同僚の女性警官の胸を触るなどセクハラ行為を繰り返したとして、兵庫県警は22日、男性巡査部長(50)を停職3カ月の懲戒処分とした。
 県警によると、巡査部長は2008年春から09年2月にかけ、県西部の同じ警察署に勤める20代女性巡査に「付き合ってくれ」とメールを送信、車内で胸を触り顔にキスするなどしたという。
 県警の調査に対し、巡査部長は触ったことやキスは否認し、メールは悪ふざけのつもりだったなどと話しているという。
 昨年3月、同じ署の別の男性警官が朝礼で、セクハラ行為があったと発言したことから発覚。内部調査を進めていた。女性巡査が被害届を出さなかったため、事件としての立件は見送った。 

【関連ニュース】
わいせつ教員176人=過半数は教え子被害-08年度
キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求
女子学生にキス、教授を減給処分=富山大
元留学生にアカハラ認める=大学院講師らに賠償命令
セクハラで准教授を停職=女子院生の後つけ脱衣所に入る

「指揮権発動、一般論としてある」…千葉法相(読売新聞)
【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承(医療介護CBニュース)
<新型インフル>成人向けワクチン接種、都が18日から開始(毎日新聞)
「政治とカネ」解明に全力=自民全国幹事長会議−谷垣総裁(時事通信)
<7歳児虐待死>「ごめんなさい」の泣き声 背中、腕にあざ(毎日新聞)
[PR]
by nffy0fuzbv | 2010-01-26 13:54