7カ月長男死なせる=教義に従い、病院行かず−殺人容疑で両親逮捕・福岡県警(時事通信)

 生後7カ月の長男が細菌に感染して衰弱しているのに、宗教上の理由から適切な治療を受けさせずに死なせたとして、福岡県警捜査1課などは13日、殺人容疑で、福岡市東区唐原、いずれも宗教団体職員の高月秀雄容疑者(32)と妻邦子容疑者(30)を逮捕した。同課は医療ネグレクト事件として東署に捜査本部を設置し、全容解明を進める。
 捜査本部によると、2人とも容疑を認め「受診させればよかった」と供述する一方、「自然の治癒力で絶対良くなると信じていた」などと説明しているという。
 逮捕容疑は、昨年2月に生まれた長男がアトピー性皮膚炎などが悪化して細菌に感染し、重篤な状態だったのに、団体の教義に従って病院に連れて行かずに放置し、昨年10月9日午後8時ごろ、自宅で敗血症で死なせた疑い。 

【関連ニュース】
80歳、認知症の妻殺害=「一緒に暮らしたい」施設退去し
殺人容疑で24歳次男を逮捕=父親の首など刺す
チャンネル争いでトラブルか=殺人容疑で無職男逮捕
全焼の車から2遺体=殺人容疑で男逮捕
顧客の男を再逮捕=貸金業者殺害

男女、5回目の逮捕=不審死、窃盗事件後立件へ−「もみ合いになった」・鳥取県警(時事通信)
<センター試験>インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ(毎日新聞)
レトロ列車で出会いの場「婚活2時間半の旅」(読売新聞)
「政治主導で官僚指示待ち」経産次官が懸念(読売新聞)
善意のお金を…寺からお布施540万円盗難(読売新聞)
[PR]
by nffy0fuzbv | 2010-01-15 16:48