キヤノン関連工事斡旋で見返り手数料、元社長に有罪判決(産経新聞)

 キヤノン関連工事を斡旋(あっせん)した見返りに大手ゼネコンから得た手数料を隠し計約10億円を脱税したとして、法人税法違反罪に問われた「浪速コンサルタント」(大阪市)元社長、難波英雄被告(62)の判決公判が12日、東京地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は懲役1年4月、罰金1億円(求刑懲役2年、罰金3億円)を言い渡した。

 共犯とされた大賀則久被告(66)=分離公判中=が事件当時に代表だった大分市のコンサルタント会社「大光」など3社に対しては、罰金1億6千万〜1千万円の判決が言い渡されている。

 判決によると、両被告は斡旋手数料を、難波被告が用意した別会社に架空の業務委託費を計上するなどして各紙、平成18年9月期までの2年間に大光の法人税約6億7500万円を脱税。同年5月期までの2年間に3社のうち建築土木会社「ライトブラック」の法人税約3億4400万円も脱税した。

【関連記事】
海砂採取組合5億円所得隠し 福岡国税局が告発
トランス社架空増資、鬼頭被告も逮捕
19億円脱税容疑で公認会計士を起訴 GWG脱税事件
「アフェリエイト」指南の若手企業家告発 6千万円脱税容疑
消防法改正で好況 大阪国税局、警報器設置業者を脱税で告発
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<共産党>「第三極」危機感…みんなの党台頭で(毎日新聞)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
東京駅に爆弾! テロ訓練=APEC控え駅員ら真剣−警視庁(時事通信)
<新型スカイライナー>走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)
両親刺し母死なす、長男「働くように言われ」(読売新聞)
[PR]
by nffy0fuzbv | 2010-04-19 23:06